岸研一建築設計事務所

作品集

■名称:広陵町の家
■カテゴリ:新築
■完成年月:2012/12
■所在地:奈良県北葛城郡
■構造:木造軸組2F
■敷地面積:174.57m2 (52.80坪)
■延べ面積:118.10m2 (35.70坪)

■デザインコンセプト:
敷地は東西が隣接宅地で南側に高低差のある道路がある、雛壇状の閑静な住宅地です。

中庭をコの字形に取り囲むように配置したプランは、道路と高低差のある敷地形状を利用したスキップフロアで構成されています。

玄関を開けると、正面には中庭が広がり、リビング・ダイニングへと続いていきます。

リビング・ダイニングは、屋根勾配に沿った形の開放的な高い天井で、中庭に面した天井まで全面の開口部からは溢れんばかりの光が差し込み、建物全体へと広がっていきます。

2階にはプライベートな居室を配置し、屋根勾配なりの天井に大きなトップライトが2つ。屋根裏部屋のような子供部屋は子供たちが大好きな空間です。

■PHOTO:冨田英次
Copyright (C) 2007 Kenichi Kishi architectural design office. All Rights Reserved.