岸研一建築設計事務所

作品集

■名称:香里ヶ丘の家
■カテゴリ:新築
■完成年月:2012/02
■所在地:大阪府枚方市
■構造:RC造+木造
■敷地面積:509.27m2 (154.05坪)
■延床面積:343.16m2 (103.80坪)

■デザインコンセプト:
敷地は前面道路との高低差が2.5mあるため、地下部分にRC造の掘り込みのガレージを配置し、これを基壇として地上部分に木造2階建てをのせた混構造の住宅である。 北面のファサードに立つ2枚の壁の間を折り返しの階段でゆっくりと上がり、メインエントランスへと導かれる。

敷地南側に庭のスペースを広くとり、将来は雑木林のようなビオトープを造りたいというクライアントの夢もあり、建物を出来るだけ北側、いわゆる道路側へ寄せて建てることになった。 そこで、道路側に対する建物の威圧感を軽減さる為、壁を段階的にセットバックさせた構成とした。 道路側には閉じたファサードであるが南側は庭に対して大きな開口部を設け、たくさんの光を取り入れることが出来る。

中心にあるリビングルームは大きな吹き抜けで家中どことでも繋がっていて、太陽の光、自然の風、薪ストーブの暖、といった自然のエネルギーが集まる場所である。 そこには家族が集まり笑い声が絶えない光景が目に浮かびます。

■PHOTO:平井広行 / 平井写真事務所
Copyright (C) 2007 Kenichi Kishi architectural design office. All Rights Reserved.